So-net無料ブログ作成
検索選択
育児よもやま話 ブログトップ
前の10件 | -

マイバースディ [育児よもやま話]

こんにちは。

私事ながら、先日の祝日は私の誕生日でした。
いくつになったかって……?

ふっ。

アラサー?アラフォー?
何をまだるっこしいことを言っているのやら。

そろそろ、そのよーに耳障りの良い言葉で現実をまぎらわすのはやめていただきたい。

ずばり、

ジャスト40、

略すなら

ジャスフォー!

かつてのHGぐらいの勢いで、はっきりとお願いします。


続きを読む


nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:育児

「ママ友」に関する一考察 [育児よもやま話]

別にたいそうな話でもないんですが。

先日雑誌(アエラだったか)を読んだら、なんでも最近「ママ・カースト制」なるものが都市部では生まれていて、ママ同士のおつき合いも以前にも増してシビアになっているとかなんとか。

加えて、
私は高齢出産なので、ネットでそれに関連した子育て掲示板などを見ると、
自分が周りのママたちよりも年齢が上なのを気に病んでいる方の投稿をしばしば見ます。

ふーん。
お母さんたちとのコミュニケーションも難しくなっているうえに、年齢も気にしないといけないのかー。

私自身のお話をしましょう。

続きを読む


nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:育児

final runner [育児よもやま話]

夏休みの宿題を最後まで残して、毎年せっぱつまっていたカツオな子、それは私。
えーっと、以前にusakiさまに頂いていたバトンと先日tanakakeさまから預かったバトン、
両手に持って新学期スタート前になんとかゴールしたいと思います!

※頂戴したバトンは同じモノなのですが、よく見るとびみょーに質問が違うので、
適当に編集させて頂きました♪

続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

夏の思い出 [育児よもやま話]

暑い!!
ダメだ、もう外に出られない……!

ということで、
普段からちまちま生活しているのに、さらに輪をかけて行動範囲が極端に狭くなってしまった。
なんせ、歩いて2分のスーパーに行くか、アパート敷地内の砂場に夕方ちょろっと顔をだすだけ。
しかし、日が暮れてもまだまだ蒸し暑い……。
当分外歩きは控えないと、親子でまる焦げになりそうですトホホ。

去年も猛暑でしたね。
しかも絶頂期の妊婦だったので、ほんとに涼しくなるのを指折り数えて待ってたっけ。
その頃のブログには何を書いてたかな……
と、久しぶりに過去を振り返ったみた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

ただいま考え中♪ [育児よもやま話]

こどもが一人いるだけで、まったく今までの人生で関係なかった場所に進出したりして、
例えば児童館とか保健所とか小児科とか……ふと我に返ると、なんだか不思議な気持ちになったりします。
自分はこれまでまったく無関係で暮らしてきたけれど、そういった場所は普通に存在していたんだよねー。
未体験ゾーンが豊富であったことを痛感。

ライフスタイルも一変して、何が変わったかってテレビを見なくなったことなんですけど、
見なければ見ないで全然普通に暮らせるものですね。
しかし世の中には子ども番組というものがあるらしい。
なるべくテレビを見せたくないんだけど(教育上とか発達上の理由というより、私が非常に目の悪い因子を持っているため防護策として)ちょっと気になったので見てみた。

よく出来た作りじゃないですか教育テレビ。
今まで知らなかったよ、そんな番組あったの。

面白いじゃないかクインテット

そんなわけで、うちではクインテットだけは見せてます。
というか私が見たい。
CDも買っちゃった。

NHK クインテット~ソングス~

NHK クインテット~ソングス~

宮川彬良さんて、東国原知事とまっちゃんを足して教授@坂本龍一で割ったような風貌だ……と訝しんでいてゴメン!才能溢れる方だったのですね。今ではファンです。

あまり熱心に見てるので(私が)、クインテットが始まるとパチパチしてくれるポコであった。
彼女的にはぜんまいざむらいのほうが好きみたいなのですが。

ポコは音楽が好きで、
たまに横揺れでスィングしたりして聴いてるのですが(ウソ。お座りがグラグラしてるだけ)、
良い音楽を聴くとっかかりになるのでこういった番組は重宝です。

クインテットの着ぐるみショウとか無いのかなー。
等身大のスコアさんとか、シャープくんとか……ちょっとコワイかも。

こうやって『あなたの知らない世界』が、私の知ってる世界にどんどん変わって行くのねー。


nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:育児

danna-batton [育児よもやま話]

tanakakeさまから頂いた「だんなさんバトン」です。遅くなりました。
あのーワタシほんとに照れくさがりなので、本音を言うのがムダに苦手なのですが、なるべくマジメに答えるようにします……。
って、何が照れくさいってこのブログ、夫も見てるんですよねー。
夫よ、これが真実だ!(なんちゃって!)

01.旦那様と初めて会った時の印象は?
tanakake☆coupleほどではないですが、うちもたいがいつき合いが長いので、あまり記憶にありません。
ひょろひょろしてるなーとか、ほっぺた赤いなぁとかですかね(夫は色白自慢)。

02.旦那様の口癖は?
「僕、眠い。」
こども……?

03.旦那様の苦手な物は?
怪談。例えば「実はこの写真にさー…」と言っただけで血相変える。
歯医者。予約の前日から内心ドキドキしているのがわかる。
犬。前から散歩の犬が来たら、さりげなさを装って道の反対側を通る。でもバレバレ。オバQか。
やっぱりこども?

04.旦那様の結婚してから変わった点は?
もうつきあい始めのころのことはほとんど記憶にないのですが、小さな変化を積み重ねて、年相応に変わっていっていると思います。同じく自分も。

05.旦那様のこれは妻の自分しか知らないだろうという所は?
いやー、それはちょっと。いやはや。
                                                 06.旦那様のここが好き!という点を3つあげてください!
好きというか、感心できるのは:
・前向きにしか物事を考えられないところ
・地道にコツコツ努力できるところ
・ありえないハプニングに巻き込まれるところ
ですかね。                                                                       
07.旦那様のここが嫌!という点を3つあげてください!
いやー、それはちょっと。いやはや。

08.旦那様の一番可愛いなぁって思うところは?
素直なところ。                                                
09.旦那様と今一番したいことは?
赤ちゃんが来る前、夫婦のささやかな楽しみは夕食後のDVD鑑賞でした。
もうそれも出来ないかなぁと思っていたのですが、思いの外、ポコは夜寝てくれる子なので、見たかった「24S5」も2ヶ月かかったけど見終わったし、満足。(現在「デスパ妻S2」を鑑賞中……夏前までに見終われば御の字)あとは、そうですねぇ、
夜の繁華街に繰り出して、美味いワインか日本酒で食事、その後ピニャ・コラーダとジン・トニックとアイラウィスキーとイベリコ豚の生ハムと、ペペロンチーノ食べたい、あのバーで。
こっちのほうは、もう青春の(?)思い出でしかないですね。
今はポコを交えてたまにステーキ焼くぐらいかな。

10.次のバトンをまわす人
とってもだんなさんと仲良しなのがブログを通してみてとれるusakiさんに!
もし受け取り済みだったら、そっとバトンを東京湾に流してくださいね〜。
それから、さりげなくおしどりカップルのいそはちさんにもバトンをお渡ししたい。
いらなかったら、こちらもそっと三河湾(←最初駿河湾で書いてたの。地理知識無さ過ぎ!)に流してくださいー。よろしくお願いします。


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

bien [育児よもやま話]

毎日あたふたしていてちゃんと気に留めてなかったのですが、
ふと気づくと去年の12月ぐらいからずーーっと鼻風邪引いている。
朝晩ぐじゅぐじゅするので、鼻にティッシュつめてたらポコに引っ張られたりしてたのだけど、
ここ最近ひどくって、ハクション大魔王が出てきそうなくしゃみが止まらないし、鼻が詰まりすぎて呼吸困難に。これって、鼻炎?もしかしてアレルギー…?
ひょっとすると、花粉症…。
がーん。
今頃気づくなんて遅い!のですが、アレルギーの薬を飲んだりするとよけい「花粉症感(?)」が盛り上がって、盛大なくしゃみがでるのであります。あーつらいわー。
夫が数年前からスギ花粉症になって、ふむふむ可哀想、とまだまだ人ごと感覚だったけど、やっぱり来るときは来るのですね。そして来年も来るのですね……。フォーエバー

そんな私が現在愛用しているのは、ネピアの保湿ティッシュ「鼻セレブ」。

ユーモアなんだろうけど、なんだか小馬鹿にされてるような気もするネーミング。
「鼻だけセレブになってもなぁ…」と毎日思いつつ、がんがん消費しています。

今までアレルギーとは無縁だったので、ついに来たか…と敗北感を味わっているのですが、
まぁこの程度で収まっといてくれればまだマシなのかな…
来年もっとひどくなってないことを祈る。
て言うか、
今のこれはいつになったら収まるのだ?何花粉??
ポコに染みついたミルクのにおいを嗅げないのが寂しいなー。
戻れ嗅覚!


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

出産バトン [育児よもやま話]

2月ももう終わりですね。2月は逃げるとは良く言ったもの。
来年はうるう年だ、どうしよう(どうもしないけど)。

新潟の酒仙人ママ(ウソ。許して!)usakiさんから「出産バトン」を受け取りましたので、その回答を:

Q1 初のお産はいつ?何週目でお産しましたか?
2006年10月5日 39w4d。

Q2 お産の経過(陣痛から?破水から?)
10月5日に日付が変わった頃に破水。
しばらく様子を見て、5時頃病院へ行きました。

Q3 出産時間は?
母子手帳には5時間1分と記入されています。1分半端なところが
なんとなく私っぽいかも。
(分娩台に上がってからは20分くらい。吸引だったので)

Q4 出産でイヤ!と思ったことは?
イヤというより、後から思えばなんだか笑えるのが、
いざ分娩台に上がって緊張していたら、助産師さんにいきなり、
「ピニャコさん、大きいウンコを出すと思って、思い切りきばってください!」
と言われ、横にいた先生にも
「そうですよ!大きいウンコです!」と励まされ(?)
ウンココールの中いきんでいたことでしょーか。内心、
(さすがにそんなでかいの出したことねーよ!)とつっこんでしまいました。
でも彼らはマジだった。
出てきたのが赤ちゃんで良かったです。

Q5 出産の際、どんなお産をしましたか?
大学病院だったので、分娩室にはなぜか10人ぐらい人がいて、なんだか賑やかだったです。
陣痛はさすがに辛かったですが、お産自体はけっこうラクでした。
いきむのを我慢しなくていいのは素晴らしいことです。

Q6 名前をどう決めたか?由来は?
夫が決めました。呼びやすいのが決め手だそうです(非常によくある名前。しかし最近凝った名前が多いので逆にめずらしいかも)。そして漢字は私が選びました。

Q7 現在子供は何人いますか?
一人。

Q8 今後も子作りはしますか?
一人の子を大切に育てていこうというのが私たち夫婦の考えでしたが、
赤ちゃんは可愛いですからねぇ、つぎの子が欲しくなる気持ちも分かってきました。
ともあれ先のことは予定は未定。

Q9 出産に対して一言
妊娠中、自分のお産が一体どういうものになるのか、気になって気になって仕方がありませんでした。そして本当に自分が赤ちゃんを産むことができるのか、半信半疑だったのですが、実際体験してしまえば、そーかーそーなっていたのかーとすべてのことに合点がいった気持ちに。私の人生での唯一の神秘体験です。

Q10バトンをまわしたい人(出産経験者限定)
いつも可愛いBABYちゃんの写真と暖かい文章で和ませてもらってる、北海道のフラッグシップママ(なんじゃそりゃ。許して)tanakakeさんにバトンタッチ♪
えいっ!(←北に向かってバトンを投げた)


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

実家→自宅 [育児よもやま話]

産前産後、
気がつけばなんと、足掛け半年実家に居続けた私ですが、さすがに自宅に戻る日が近づいてまいりました。
すっかり実家暮らしに馴染んじゃって、なんだか自宅に帰るのが億劫だったりして。
その理由のひとつがパッキング。
まとめてもまとめても、送っても送っても、まだまだ荷物があるのはなぜだ~。
単身パックの引越し便で送ったほうが便利だったかも……でも微妙にそこまで多くないのよね。
今もダンボール詰めの途中なのですが……
なんだか疲れて休憩。とほほ。
自宅で荷物を受け取り続けている夫曰く、箱だらけで足の踏み場がないらしい。
さもありなん、帰ったら今度はお片づけが大変なんだよなぁ……(遠い目)。

実家の母には大変世話になったし、おかげさまでラクをさせてもらったが、
ポコの授乳に関するバトルもあった。
当初私が母乳にこだわったせいで、ポコはいつもお腹が減ってわんわん泣いていた。
母「なんでミルクをあげないの!」私「おっぱいを頻回授乳させてるからこれでいいの!」
みたいな殺伐としたやりとりも。
(しかし私と母が言い争っているとなぜかポコはニコニコしてるのだ。楽しいの?)
ま、一種の産後ブルーだったらしく(乳腺炎も辛かったし)、しばらくすると相互理解、
母にはものすごく助けてもらいました。
どうもありがとうお母さん(ペコリ)。
遠い将来ポコに赤ちゃんが出来たとき、せっせと助けてあげようと思います。

さて、
ぬくぬくと過ごした三ヶ月のあとは、親戚縁者が誰も居ない場所での子育て
(自宅のある県は、夫の仕事の都合で引越し)
最初は不慣れで情報集めに奔走することになるでしょうが、
おかーさんはがんばりますよ。
夫も首を長くして待ってるし。
遅ればせながら親子ライフのスタートです。


nice!(3)  コメント(11) 
共通テーマ:育児

オストリッチ腹 [育児よもやま話]

以前妊娠中、
どんどん大きくなっていくお腹が光沢を放って、まるで手入れされたマホガニー家具のよう…
なんて浮かれたことを書いてましたが、出産後三ヶ月が過ぎた今、その腹はえらいことになってます。
妊娠中は結局10キロ増量し、産後とんとん拍子に8キロダウン。
こりゃ思ったより回復が早い、とほくそえんでいましたが甘かった。最後の2キロがどうしても戻らず、加えて鷲づかみにできるほどのたるみが。
妊娠線は結局できなかったのは幸いですが、かわりに痒さのあまりぽりぽり掻きまくっていたつけで、かさぶたのあとが残りまくり。
マホガニー腹どころか、これじゃオストリッチ。
エルメスバーキンが作れるよ(ウソ)。
赤ちゃんが出て行ってしまったあとの腹と言ったら、まるで真っ白に燃えついた矢吹ジョーみたい…(イメージですイメージ)。

そんなこんなで産後1ヵ月ごろ大慌てでリフォームガードルを買いに行く。
鍵ホックとチャックで二重でとめるきっつーいやつです。
試着して店員さんに、こんなにタイトだとお手洗いに行くのが大変では?と訊くと、
「行きたくなる前にトイレに行ってください!」と言われた。
そうですか……。
そんなガードルですがはいているうちに着脱もラクに。でも着けてる間は確かに腹は抑えられてるけど、上に肉がはみだしてるんですけど。それを授乳中、ポコにつままれるんですけど。
そのまま今に至ってますが、ほんとにたるみを解消しようと思ったらガードルだけに頼っていてはだめですよね、適度に運動しなければ……でも今忙しいし…2月からやろう(←何の根拠もない決意)。

体重はたぶんそのうち元に戻りそうですが、たるみだけは定着する予感……。
いかーん!やっぱり今から足上げ腹筋だー!
あ、ポコが起きた。またあとでやるか…。
(そして堂々巡り)


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - 育児よもやま話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。