So-net無料ブログ作成

waitomo [オークランド@New Zealand]

ここからNZ内旅行記。

滞在中のある日、レンタカーをして2泊3日のショートトリップに行きました。

DSC01292.JPG

レンタカー会社は色々迷いましたが、結局サービスと安全は金で買うことにして
大手ハーツで。高かったけどピカピカの思ってたより大きな車。
ナビの使い方も丁寧に教えてくれたし良かったかな、高かったけど。高かったけど!(うるさい)

ではレッツゴー!



車窓からはこんな風景。

DSC01295.JPG

オークランドは都会ですが、ものの10分も高速で走れば周りは何にもナッシング。

さて、どこに向かっているかというと、それはwaitomo glowwarm cave。
え、何それ、という話なんですが、

ニュージーランドにしかいない鍾乳洞にいる土ホタル、というのを見に行ったのです。
ちょっとイメージしにくいと思うので良かったらこちらのHPをご参考に:

http://www.waitomo.com/waitomo-glowworm-caves.aspx

オークランドからおよそ二時間半くらいでしょうか。
ナビ(だけ)を頼りにたどりついたら、そこはとても鍾乳洞があるように思えない普通にカントリーサイドで。
お腹がすいたので、とりあえず見学前にランチ。

DSC01300.JPG
どーん。ピザ。
これが思いの外美味しかったのだ。
DSC01301.JPG
インフォメーションセンターの近くのKiwi Pakaというホテルのダイニング。

さて、ではいざ鍾乳洞へ!
車で一分ほど移動すると、でかい駐車場とこじゃれたエントランスが。
DSC01313.JPG

なかなか商業的に成功しているようです。

そして鍾乳洞には何十人かのグループごとにガイド付きで入っていくのですが、
ここは全面的に撮影禁止なので、なんの画像もありません…
よかったらイメージしてください…

事前に調べたら、ボートに乗って鍾乳洞内の川を暗闇の中進んでいくと、
洞窟の天井に満天の星のように土ホタルが光っている幻想的なシーンが。

てっきり最初からボートに乗るのかと思っていたら(アトラクションみたいに)
最初は洞窟の下へ下へ徒歩で下って行きます。
そしてそろそろボートに乗せてほしくなった頃、突然船着き場にたどりつき、
特に何の説明もなくぞろぞろとボートに乗せられます。
静寂を求められるので、みんなしずかーに移動。暗いのでボチャンと川に落ちる人がいるかも。
無事に船に乗ると、スルーっと動きだし、最初は真っ暗なのですが
やがて土ホタルの輝きが。星座のように天井いっぱいに広がっている…
美しいです。

あっという間にボートライドが終わり、見学終了〜

DSC01309.jpg
出入り口だけ撮影。

うーんなんだか不思議な光景だった…

が、現代のアトラクション慣れした我々からすると、ほほう、に留まる感じ。
だけど、むかしむかし、現地の人がこれを発見したときの感動を思うと、それは神々しくもスピリチュアルな風景だったことでしょう。
そのようなピュアな気持ちで見てみたかった…
と横を見ると、娘はやはり世俗にまみれた大人よりも真剣に感動してたようで、
あとで自分がみた光景を一生懸命スケッチしていました。お見せできないのが残念です。

さて神秘の風を感じたあとは、さらなる目的地へ。

つづく(と思う)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。